バス釣りといえばシャッドが活躍する時期であります。
しかし、実際のところ冬のシャッディングが得意だ!と言える人もなかなか少ないんではないでしょうか。なにせ冬はシーズンオフとも言われるバス釣りですからw(少なからず私はシーズンオフと思ってますw)

今回は(ネタが無いので)シャッドについて勉強してみたいと思います。上級者お断りでwww


目次
1.シャッドとは
2.シャッドの使い方
3.シャッドのコツ(動画)
4.まとめ
5.おすすめシャッド






1.シャッドとは

76

シャッド (Shad)
シャッドとはアメリカの湖にいるニシン科の小魚でバスの主食となる魚、この小魚をイメージして作られたのがシャッドプラグである。サイズは小型プラグがメインでリップが長いのが特長。動きはトゥイッチする事で不規則なダートを起こすヒラ打ちアクション。フローティングとサスペンドタイプがある。
ルアー wikipedia 

そこからかよ!のツッコミは無しでw

そもそもシャッドというアメリカに生息する魚にイミテートして作られたルアーみたいなので日本人の私たちにはピンとこないはずですが、ブラックバス自体もアメリカから来ているので遺伝的には馴染みがあるはずw

 

シャッドボールwww



2.シャッドの使い方

77

ミノーに比べるとボディーが平べったくてリップが長くとがっている。
動きはナチュラルでミノーと同じく魚に近い細かい泳ぎをするルアー。

動かし方としてはジャークやトウィッチでイレギュラーなアクションをつけるテクニックがあるが 基本的に低速でただ巻きさせて使うルアー。
クランクでは水押しが強すぎる状況などで使う。

低速でもきっちりとした動きを出せるので春先の動きの鈍いバスを狙う時に活躍する。
ロングポーズをいれたストップアンドゴーはワームの釣りのような繊細さを要する。

使う場所はブレイクラインや、岬の先端など。
他にはジャークさせてリアクションを誘う使い方で攻める場合はシェイドやブッシュなどのストラクチャーのそばを通すと影からバスが飛び出してくる。
シャッドの使い方 ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] 

ここでは「低速でもきっちりとした動きを出せるので春先の動きの鈍いバスを狙う時に活躍する。」と書いてあるので冬にも当てはまりますね。


3.シャッドのコツ(動画)

百聞は一見にしかず。ということで結局動画に頼りたいとおもいますwww

 

 


4.まとめ

  • アメリカに生息するシャッドという小魚にイミテートされたルアーなので、本能的に好物なはず!
  • レスポンスが良く低速でもきっちりとしたアクションがだせるので低活性のバスに最適!
  • ポンプリトリーブでキャッチ率アップ!
  • カラーローテは必須!

今回はあまりにネタが無かったのでこういった記事を作成してみましたw
ついでに「ルアーのコツ」というカテゴリも作ってみたのですが、こんな薄い記事でも結構面倒だったので今後は期待通りありませんwww


5.最後におすすめシャッドとしていくつか紹介したいと思います。(ネットで得た情報を適当にw)

SHADINGーX(メガバス)


デザインが綺麗で固定重心なのに飛距離はそこそこだそうです。

スーパースレッジ(エバーグリーン)


トゥイッチ、ジャークで見事なダート!とにかく釣れるみたいです。

ソウルシャッド(ジャッカル)
 

高速巻きで実績多数!巻きでの安定性が抜群みたいです。

ハイカット(O.S.P)

 

巻いて良し、トゥイッチ良し、ジャーク良し!オールマイティに釣れるみたいです。

ベビーシャッド(ラッキークラフト)

 

中古でも多く出回っていて購入しやすいです。そのくせ良く釣れるみたいです。


他にも釣れるシャッドはたくさんあるかと思いますがよく使われているっぽいシャッドはこのあたりかなと。



以上、シャッドで低水温期のブラックバスを釣る妄想をしながらこたつでみかん確定の話でした。