霞ヶ浦でKANATA水面爆発!メジャーフィールドのマグナムミノー術!by黒田健史


今回、黒田プロが使用したジャークベイト

279

全長 160mm 重量 30g フローティング

テクニック

アフターバスが付いているであろうアシぎわや縦ストラクチャーを、フローティングのジャークベイトで水面20cmくらいを潜らせては浮かせを繰り返し、なるべくゆっくり見せて喰わせるテクニック。



でかいジャークベイトは、春でお役御免なイメージでしたが、アフターシーズンにこんなテクニックがあったとは・・・黒田プロさすがです。