青木大介プロデュースの「常にブレードが回り続け着水からピックアップまで絶え間なくアピールし続けるスピナーベイト」 D-SPIKER [ディースパイカー] -DSTYLE

305

最大の特徴 ジョイントしているアーム

306
フォールでも可動するアームによってブレードが垂直方向になりブレードがしっかり回転するようです。

着水から回収まで常にブレードが回り続ける

307
フォール、巻き、ピックアップとどんなポジションでもジョイントによってブレードが回り続けるようです。

フックへの絡みを防止する専用設計パーツ

308
ジョイント部に可動域を制限させるパーツが装着されていて、ブレードがフックに絡むことを防止しているようです。

アームが可動することでストレスフリーにルアーが飛んでいく

309
通常のスピナーベイトだと、風に煽られたりした時などに回りながら飛んでいったりしますが、ディースパイカーのブレードはジョイント構造によってブレードが逃げるため回転防止にもなり飛距離も伸びる設計のようです。

常に回り続け常にアピールし続けるスピナーベイト

310


ブレードが逃げるためフッキングも抜群

311
バイト時は、ジョイント構造のブレードが逃げてくれるのでフッキング性能にも恩恵があるようです。こちらは副産物として狙っていた訳ではないと青木大介プロは語っています。



D-SPIKER promotion movie(製品解説)


 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=97lDyrHXB2c 

スピナーベイトの売り文句としてレスポンスがよく使われますが、常に回り続けるスピナーベイトとして構造を見直すという発想はさすが青木大介プロ。シングルコロラドでもフォール時はしっかり回転しますが、ダブルウィローで回り続けるのであれば理想的なスピナーベイトと言えるかもしれません。

ヘッドシェイクバイブレーションや障害物回避能力など未知数なところは多いので水中動画等が配信されるのが楽しみです。