no title


巻いても止めても生きた様に泳ぐ新コンセプトのシャッドテールワーム、それが2014­年6月上旬にリリースとなったドライブシャッド4.5インチ。

多くのウィードが繁茂しスイミングルアーの必要性が高いことから、マキマキやスコーン­リグなど数々のテクニックの発祥のレイクとなった琵琶湖が今回の舞台。

時期も5月中旬と初夏を感じさせるこの時期に、琵琶湖のフルタイムガイドとして活躍中­のO.S.Pプロスタッフ森田哲広がドライブシャッドの釣りを実釣交えて紹介!! 


 


ウィードエッジから浚渫のブレイクをドライブシャッドのフォール、自発的アクションで連発しています。